内科・脳神経内科・漢方内科
宮城県仙台市泉区松森字新田107
(ヤマザワ南光台店そば、駐車18台可)
TEL: 022-771-2882
FAX:022-771-2883

クリニック案内

診察内容(診察はどのように?)

医院名
せき内科・脳神経内科クリニック
院長
関 久友
住所
〒981-3111
宮城県仙台市泉区松森字新田107
診療科目
内科・神経内科・リハビリテーション科
電話番号
022-771-2882

ご予約・ご相談

「どんな治療法があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。
お電話より承っております。

TEL 022-771-2882

施設・設備のご紹介

院長の関 久友です。「漢方併用医」とはかけ離れたイメージかもしれませんが、私は「デジタル情報を積極的に活用する医師」でもあります。

当院内に備えたCT(コンピューター断層撮影装置)とレントゲン(X線撮影診断装置)で撮影した画像はCR(コンピューテッド・ラジオグラフィー)という技術を使った装置でデジタル情報として取り込まれ、さらに「レーザー・イメージャー」というレーザーで画像を作る技術を使って直接フィルムに焼き付けられます。

このCR技術を使うことで、(1)誰が撮っても良い画質・良い条件で写真が撮れるし、直接フィルムに焼き付けることで大量の現像廃液が出ない、という一次的な効果が生まれることに加え、(2)そのデジタル情報を診察室までLANケーブルで持ってきてそこで画像を見たり、院外にデジタル情報を電送してより高度な医療機関の遠隔診断を仰ぐことも可能な体制が当院にはあります。

また、当院では国がその普及を急いでいる「電子カルテシステム」も備えましたが、このことによって、(1)カルテ簿がいらないのでカルテへのアクセスタイムを非常に短かくでき、また処方箋作成から会計までの事務処理時間も短縮することができるところから、既に患者さんの待ち時間を大幅に減らせておりますし、今後(2)カルテをデジタル情報できちっと保存しておくことで、画像と一緒により高度な医療機関の遠隔診断を仰ぐことができ、さらには(3)蓄積された家族単位の診療データを分析することで遺伝的要素や生活習慣をも考慮した病気の予防が可能となってまいります。

「デジタル情報」をベースにした、アバウトでない「診断・病診連携(病院と診療所の連携)・診療履歴の参照」が行なわれる、模範的なクリニックづくりを目指して頑張りたいと思っております。

AEDも常時完備しております。

院内で車椅子のご利用ができます。